Light Finds Always Its Way

Introduction

Thanks for the participation!

This is the page for the project "Light Finds Always Its Way". 

 

Japanese painter and Greek Astronomer started that cooperative project in December 2020 for lightening up people's hearts through art and astronomy. We decided to share the artwork with people around the world by passing it a friend to friend. The person who gets the painting can hold a small private exhibition anywhere they like, the work will be passed to the holder's friend within one month. We will track the record on this page. ​ if you enjoy the project, that would be our pleasure!

日本の画家とギリシャの天文学者は、芸術と天文学を通じて人々の心を明るくするための共同プロジェクトを2020年12月に開始しました。アートワークを友達に渡すことで、世界中の人々と共有することにしました。絵を手にした人は、好きな場所で小さな個展を開くことができます。作品は1か月以内に所有者の友人に渡されます。このページではその記録を追跡します。プロジェクトを楽しんでいただければ幸いです。

 

For that project, I created a piece of artwork titled " Light Always Finds Its Way" which is inspired by supernova remnants and Buddism art Mandala.

 

Supernova indicates death and incarnation because a star dies by supernova but new stars consist of supernova remnants. Meanwhile, Mandala is a format of pray externalized as visual art. Tibetian monks drow Mandala on land with colored sand with praying for world peace. However, it is broken soon after completed and the sand releases into the river with monk's hands by wishing the river brings their wish to all over the world through the ocean.

" Light Always Finds Its Way" is inspired by these two, I applied the process of Mandala to the making.

 " Light Always Finds Its Way" reflects the imagery inspired by supernova reminants, but it doesn't exist in reality because the vision came up from my mind through meditation. In terms of the process, I focused on praying for lightening up people's hearts rather than specific painting techniques or subjects. I carefully captured precisely what I saw in the meditation,  the painting can be said the pure appearance of my wish. 

I send the work to my friend living far apart from me, and the friend will send the work to her friend. The work will flow from friend to friend until December 2021 when the work will be returned to my place. My idea is, using human connections to reach our wish to the world instead of flowing the work into the river by hoping our wish will reach out to the world.

The work can be said, "the work that will be completed by unity".

I hope the wish will reach people as many as possible.

Light Always Finds Its Way/光は常にその道を見つける」は、超新星残骸/スーパーノヴァレミナンツと仏教美術の一種である曼荼羅に触発され生まれたプロジェクトです。

 

超新星、そしてその遺骸物は一つの星の死と再生を示します。なぜなら超新星は星が滅亡する瞬間の爆発であり、新しく生まれる星々は超新星の残骸からまた新たに生まれるからです。一方、曼荼羅は視覚芸術として外部化された祈りの形式です。チベットの僧侶たちは、世界平和を祈って、様々な色付きの砂で大地に緻密な曼荼羅を描きます。それは完成後すぐに壊され、川から海を越えて世界中に彼らの祈りが届くよう僧侶が手ずから砂を川に流され、そこまでを一つの祈りの儀式とします。

 

「Light Always Finds its Way」は、これら2つに影響を受けて制作されており、特に描く過程では曼荼羅のプロセスが、モチーフとしては超新星が中心的な骨組みとなっています。

作品は超新星の姿を反映していますが、これは瞑想を通じて作家の心に顕れた映像を元に描かれており、実際に存在するものではありません。制作プロセスとしては、特定の絵画技法や主題よりも、暗い時代に人々の心が少しでも明るくなるよう、その祈りに焦点を合わせています。絵画は作家が祈りを通じて視たものを注意深く正確に捉えるというプロセスから派生しているため、絵画自体が純粋な願いの顕在化とも言えるでしょう。

 

作家は遠く離れた友人に作品を送り、彼女は新たな友人へと作品を送ります。2021年12月に作家の元に戻るまで、作品は人から人へと一ヶ月ごとに世界を渡ります。私たちは私たちの願いが世界に届くことを期待して、曼荼羅のように作品を川に流す代わりに人と人のつながりによって絵画の姿をした祈りを世界に向けて解放します。このプロジェクトは「携わる全ての人々によって完成される作品」と言えるでしょう。

 

私たちの祈りが、1人でも多くの人に届くことを願っています。

Light Always Finds Its Way

2020, 22x22(cm), oil on canvas

Screen Shot 2021-01-05 at 22.15.46.png